慶長16年(1611)より尾張藩(名古屋)において、茶道具「茶釜」を作り続けている加藤忠三朗家。その加藤家の当代「尾張藩御釜師十二代加藤忠三朗」を紹介するサイトです。                茶道関係のものを中心に、生活にも根付いた作品を随時紹介していきたいと考えております。茶道関係者のみならず一般の方々にも興味もって頂ければ幸いです。